Q&A「1stブルべ夏,2ndイエベ春とはどういう意味でしょうか?」

先日パーソナルカラー診断にお越しくださった20代前半の女性からご質問が届きました。

きっとSNSなどから情報を入手しているほかの方にとっても
必要な情報かと思いますのでOPENな場でお答えしますね。


Q. ご質問


Twitter等で
ファースト「ブルベ夏」セカンド「イエベ春」
という表記を見かけるのですが
これはどういう意味でしょうか?

基本的には、「ブルベ夏」の色が似合うけれど
「イエベ春」の色味も、「ブルベ夏」よりは限られるが
似合うということでしょうか?

Misa O.様

A. お答えします


パーソナルカラーは基本的に「サマー」 「ウィンター」 「スプリング」 「オータム」4つに分かれますが
大きくは、ブルーベース(ブルーアンダートーン・Coolタイプ)」イエローベース(イエローアンダートーン・Warmタイプ)」2つに分かれます。

●ブルーベース:「サマー」「ウィンター」
●イエローベース:「スプリング」「オータム」

ブルーベース・イエローベース パーソナルカラーシーズン

ご質問のように「1st ブルべ夏・2nd イエベ春」とすると、アンダートーン(ベースカラー)が違ってきます

私が20年前に学んだスクールでは
「パーソナルカラーシーズンは一つに絞ること!」
と教わりました。

それは「お客様が混乱してしまうから」という思いやりの気持ちからです。

ご質問時に仮説を立ててくださっていますが、概ね正解です。

ただし、それだけとは限りません。

詳しく説明しますね。


各シーズンに “共通する要素” があります


4つのシーズンを 1st,2ndと表現するときに
色彩のプロは下記①~③のように見分けています。

ブルーベース・イエローベース パーソナルカラーシーズン

ブルーベース・イエローベース パーソナルカラーシーズン

ブルーベース・イエローベース パーソナルカラーシーズン
パーソナルカラーシーズンキーワード
「サマー」×「ウィンター」ブルーベースの色みが似合う
「スプリング」 × 「オータム」イエローベースの色みが似合う
「サマー」 × 「スプリング」ソフト・繊細なものが似合う
「ウィンター」 × 「オータム」ハード・重厚なものが似合う
「サマー」 × 「オータム」マット・ニュアンスが似合う
「スプリング」×「ウィンター」ツヤ・ビビッドが似合う

これは全体の印象や特徴をとらえての分け方です。

こういったことから

「1st ブルべ夏」「2nd イエベ春」

A.「ブルベ夏」の色が一番似合うが「イエベ春」の中にも似合う色がある

B.「ブルべ夏」で、「ソフトで繊細」なものがお似合いになる

のどちらの意味を表すのかはわかりません

さらに云うと、
厳密には、似合うパーソナルカラーの中でも
色相(赤・青・黄などの色み)ごとに
お似合いになる色の “範囲” が異なることが多い
です。


私 個人的な意見としては、
B.「ブルべ夏」で、「ソフトで繊細」なものがお似合いになる
という意識でとらえておかれると良いのではないか
と思います。

日焼け、加齢、体調によってもお似合いになる色の範囲は異なるため
あまり神経質に考えない方が、おしゃれの幅が広がって楽しいのでは?と
ゆるっとポジティブな私は考えます。


ネット上にはたくさんの情報があふれていますが
「?」と思うものも多いです。

周りに惑わされず、ぜひぜひ
おしゃれを 色を 楽しんでくださいませませ~。

またの機会に、16分類のパーソナルカラー診断や、骨格、顔の形などについても
お伝えできればと思っています。


※パーソナルカラーに関するご質問は、LINEにお願いします。